bridal

home
12

ダイヤモンドエンゲージリング

エンゲージリングとは、愛の誓いを表現する最高の贈り物です。最愛の人がリングを身につけている姿をイメージしながらお選びください。そして、ダイヤモンドを選ぶうえで大切な「4C」とは、個性、特徴、稀少価値を決める評価基準のことです。この4つのCは、
Cut(カット)、Carat(カラット)、Color(カラー)、Clarity(クラリティ)の頭文字をとったものです。
cut
カットはダイヤモンドの全体的な形のバランスと研磨の仕上げの状態を
表すもので、ExcellentからPoor、5段階のグレードで分けられます。
carat
カラットは重さを表す単位で、1カラットは0.200グラムの重さです。
ダイヤモンドは重量が重い(=カラットが増す)ほど価値も上がります。
color
D(無色)からZ(ライトイエロー)まで23段階の色の選別がされます。
色が無いことは稀なので無色に近いほど高く評価されます。
clarity
透明度を測る評価で、ダイヤモンド内部の内包物の数、大きさ、色、
場所などによって決められ、FLからI3まで11段階に等級付けされます。
ご予算に応じてダイヤモンドルース(裸石)や空枠をお選びいただけます。ベルマではその「4C」の中で「CUT」(カット)の良いものをお勧めしています。なぜなら、カットはダイヤモンドの美しさに対し人間が関与する部分であり、輝きに最も影響が出てきます。ダイヤモンドに入射した光を最も効率良く、最も輝きとして発する Excellent Cut がお勧めです。
理想のダイヤモンドリングをベルマでお探し下さい。
エンゲージW612px
© Bellement. All Rights Reserved.